アラ還からの副業ビジネス挑戦

本業の定年退職まで4年を切った今、立ち止まっている時間はない、前進あるのみだ。

鼻から入れるもんじゃないですネ。(胃の内視鏡検査のおはなし)

 

 

年一の人間ドックを受診

 

今日は毎年恒例の日帰り人間ドックを、休みを取って受診してきました。

場所は毎年決まった所で受けていたのですが、今年は気分を変えて別の場所にしてみました。

でもその選択は間違いでした。。

 

日帰り人間ドックの私にとっての”メインイベント"は胃の内視鏡検査になりますが、最近は胃カメラを入れる前に、喉への麻酔の他に鎮静剤も使ってからの検査だったので、すっかり慣れていました。

変な話ですが、あの鎮痛剤ってちょっとクセになります。体内に液が入ってきたと思った瞬間に一気に脱力感に襲われるのです。ベットで横になって口にはカメラの管を通すための穴があいた物を咥えているので、唾液はだらしなく垂れ流し状態になります。

 

今年も同じ病院で受診するべきでした。。

 

f:id:dkdgnbr79hero:20201006220417j:plain

 

鼻から入れるってどうなの?

 

今回初めてかかる病院から事前に案内が送られてきており内容物を読んでいたのですが、当院では胃の内視鏡カメラを鼻から入れることを推奨と書かれており、鎮静剤も使用しませんとありました。この時点で一抹の不安が生まれたのですが、それは現実のものとなってしまいました。

二回に分けて喉への麻酔が行われたのですが、そこから検査開始までの待ち時間が例年より長く、溜まり過ぎた唾液をティッシュに出せばよかったのですが、飲み込もうとしてしまい再三咳き込んでしまいました。(麻酔のせいで唾液が飲み込めない!)

 

それは内視鏡を入れたあとも続きました。鎮痛剤を使ってないので意識がはっきりしているため、唾液の垂れ流しはヤだなと思い躊躇していたのです。そうしたら何度と無く行き場のない唾液の始末に困り、咳き込んでしまいました。

また、担当してくれた先生は時間をかけて見てくれたので胃カメラを挿入している時間がそれはそれは長く、もう二度と鼻からは入れないと誓いました。。

そのくらい辛かったです。また、あまりに時間が長かったので(例年の倍くらいかかったのでは。)絶対なにか悪いものが見つかったに違いないと、検査が終わってすぐの観察結果をビクビクしながら聞いていましたが、幸い異常はありませんでした。

 

いろいろオマケはついてきたけど、鼻からはもう懲り懲り

 

朝の受付時に、人間ドック受診者の方は新型コロナウイルス抗体検査が通常は8,360円税込みのところが、無料になりますと聞いていたので、ついでにお願いしました。

検査はてっきり鼻の中をグリグリされるのかなと思っていましたが、採血時にこの検査用に別途容器に血液を採ったようで知らぬ間に終わっていました。

恐らく検査結果は近々届くことでしょう、まあ異常ないとは思いますが。

 

それから、帰るときにお土産までありまして、いくつかの選択肢の中から、私は朝のスープセットを頂いて帰りました。

とっても歴史のありそうな建物でしたので、(ようは古い)そのせいか受診者はまばらでしたので、いろいろ付加価値をつけてリピーターを増やさないと病院経営が立ち行かなくなるのだろうなぁと思ってしまいました。

 

でもお土産までもらっても、鼻からの内視鏡検査はもう懲り懲りと誓った一日でした。