アラ還からの副業ビジネス挑戦

本業の定年退職まで4年を切った今、立ち止まっている時間はない、前進あるのみだ。

kindle本の販売後の営業、連絡はメールと電話どちらが良い?

 

友達がいません、知人ならたくさんいますが

 

継続して、私が出版したkindle本の販売を伸ばすための営業を続けています。

 

f:id:dkdgnbr79hero:20200905072326p:plain

緩くて熱かった昭和の時代を私のエピソードを交え全11章に綴っています

 

私、友達って呼べる人が今いないんですよ。

過去に友達と呼べる人がいましたが、ここ数年はたまに電話がやっとの状態です。だから今も友達と呼べるのか、と問われたら今は違うと思いますと答えるしかないです。

 

その一方で知人はたくさんいます。

私の本の営業先は、そんな知人に向けておこなっています。

 

知人ではあるがもう何年も連絡をしていない

 

私50手前で長年勤めていた会社を自主退職しまして、しばらくは後ろめたさがあったのです。30年以上も勤めていながら定年まで添い遂げられなかった、甲斐性ないなって思って。

そんな気持ちから、知人とはだんだんと疎遠になっていきました。

 

まあ、その決断のおかげで、こうしてブログ書いてkindle本書いてっていう今があるんですけど。

その知人に向けて、どう営業しようか悩みました。

 

メールで宣伝するのがよいのか?、いきなり電話がいいのか?

 

何年も会っていない知人に、営業連絡はメールがいいか?電話がいいか?

 

いきなり電話してみるか、それともメールでさらっと案内してみるか。

 

電話の場合、何年か振りにかけた相手に、金の無心か?なんて勘ぐられては嫌ですし(自分がそう思われたことはないと思いますが、私が思ったことは何回もあります。)

よって、お手すきの時間に見てもらえるメールがいいのかなと。

 

その一方で、メール1本で営業ってどうなの?やっぱり電話がいいのかなと。

 

一体どっちが効果があるのかを検証してみました。

 

電話のほうがプラスアルファでスッキリする。ベストはメール⇒電話

 

f:id:dkdgnbr79hero:20200915113523j:plain

 

これまで購入してくれた方、購入見込みの方を数えたら、メールと電話、半々でした。メールだけで購入くださった方もいれば、いきなり電話して二つ返事で購入すると言ってくださった方もおり、割合は半々でした。

 

でも、昨日2件電話してみて、電話の方が思いが強く伝わるなと感じました。

 

1人目は前職で私と同期入社した男性でしたが、話すのは5年ぶりくらいでした。だから意を決して電話したんですけど、久しぶりだったので大層喜んでくれ、本は名前で検索すれば出てくるの?と向こうから聞いてきたので、URLを折り返しショートメールで送り、早速購入頂きました。

 

2人目は前職で私が本部にいた時に3年ほど一緒に働いた元同僚の女性です。彼女とは6年位会ってなかったので、最初はショートメールを送っておいたんです。でも、なんの連絡もなかったので(当たり前か)こちらも意を決して電話してみました。

そうしたらこちらも話が大いに盛り上がってしまいました。彼女にも良い返事を頂きましたが、2人とも私が元気そうでなによりという気持ちが強かったようです。

 

単に本が売れた、売れる見込みが出たという結果より、これでまた繋がれるかもと感じられたことのほうが大きな収穫です。

 

結論は、メールは便利だけど、気持ちを強く伝えたいなら、やっぱり電話。そして、より効果を上げたいなら、事前にさらっと本の紹介をメールでを送っておいて、あとから必ず電話でフォローするのがベストだと感じました。

 

 

驚異的な成約率

 

私の本の営業を始めてから、これまで断られた件数は1件もありません。驚異の成約率です。

唯一見込みから外したのが1件あるのですが、これはバイク乗り時代の友達で、聞いたらAmazonで買い物をしたことがなく、ネット系に疎いから まだよく見てないんだという返事があり勧めるのは断念した分だけです。あとは全部成約です。(成約予定も含む)

 

これって、友人知人に売っているだけじゃないか、そんなの楽でズルいと思いますか?

 

いやいや、商品に自信があるから友人知人に勧めるのです。自信が無かったら勧めません。また、友人知人にも勧められない価値のない商品を見ず知らずの方が買ってくれますか?という話だと思うのです。だから身近な人から勧めているのです。

 

これは2度めの披露になりますが、私が読者になっているGreenさんの記事から教わったことです。

 

www.shiho196123.net

 Greenさんは毎回、心に響く記事を綴られていますよ、ぜひご覧ください。

 

次なるkindle本はブログ記事をリライトして出版予定

 

次なる1冊は半分以上出来上がっています。あとは若干の取材と写真の選別と表紙作りくらいでしょうか。1冊目の時より無駄が無くなってきています。

 

この2冊目は期間限定の無料キャンペーンをはって、より多くの人に見てもらおうと思っています。

そしてなにより、大切な人のことを書いたので、その人と、その家族にプレゼントする予定です。実は今日がバースデーなんですよ、その方の。残念ながらバースデーには間に合いませんでしたが、これこそ世界にひとつ、私にしか出来ないバースデープレゼントになると自負しています。

 

お値段は無料だけど、その価値はプライスレスです。

 

今から出版が楽しみでなりません。