アラ還からの副業ビジネス挑戦

本業の定年退職まで4年を切った今、立ち止まっている時間はない、前進あるのみだ。

あえて着目、タイガーの池ポチャ3連発=10(マスターズ)

 

 

 

マスターズは”DJ"の独走だった

 

タイガーと松山クンが初日揃って68のスコアでスタートして期待を持たせたが、勝者は3日めから危なげない試合運びをした"DJ”となった。

 

ゴルフを知らない人向けに少々解説。

ダスティン・ジョンソン36歳。ゴルフファンは親しみを込めて皆"DJ(ディージェー)と呼ぶ彼の最大の魅力は桁外れの飛距離。

 

ゴルフは、背が高い方が遠心力がついてボールはより遠くへ飛ばせるので有利と言われる。"DJ”の身長は公称193センチで、大柄なプレーヤーが多い米ツアーでも頭半分くらい大きい。

でも"DJ”の飛ばしの秘訣はそれだけじゃない、上半身と下半身の捻れ差がスゴイのだ。

ギリギリまで捻られた上半身が開放された時、"DJ”に叩かれたボールは悲鳴にも似たうなり音をたててブッ飛んでいく。

 

どれだけ飛ばすのかを実証する動画を見つけたので、スイングスピードとボールをヒットしたときのインパクト音に注目を!鳥肌が立ちますよ。

 


【ゴルフ】ダスティンジョンソンが433yardパー4であわやホールインワン!!

 

なお、今年のドライバーショット平均飛距離は338ヤード!というとてつもない数字になった。

そんな彼が、どうしても獲りたいタイトルがマスターズだったという。

 

おめでとう、"DJ”

f:id:dkdgnbr79hero:20201116222652j:plain

昨年優勝のタイガーにチャンピオンブレザーを着せてもらった"DJ”

"DJ"の影で12番ホールの魔物に翻弄されたタイガー

 

初日は好調だったタイガーが、最終日の12番ホールで10という大叩きをした。

振り返ってみると、1打目がグリーン手前の池に捕まったことに始まる。

 

このショートホールは距離が短いものの、トッププレーヤーでさえ上空の風が読みきれずにショートして、グリーン手前の池に入れてしまうのはよくあることである。

 

しかし、ここからがタイガーらしくなかった。打ち直しの3打目もグリーンに落ちたボールがバックスピンで戻されて池に入ってしまう。

 

打ち直しの5打目、ショートすることを避けたのか、グリーンをオーバーし奥のバンカーへ。しかしこのあともタイガーらしからぬ、バンカーから打ったボールはグリーンを超えて三度池へ入ってしまう。

 

私のゴルフを見ているような失態を演じたタイガーは、結果8オン2パットの10という屈辱的なスコアを残してしまう。

これはタイガーの米ツアー参戦以来1ホールでのワーストスコアになってしまった。

 

総合順位は38位でフィニッシュをしたが、これを聞いて、メジャーでの最多優勝記録であるジャック・ニクラウスの18勝を超えることは非常に難しくなったと思った。

 

年齢が44歳であることを考えると、現在の15勝から+3勝でタイ、+4勝で新記録というのはいくら超人でも難しいのではなかろうか。

 

でもサム・スニードと並んでいるツアー82勝なら新記録達成のチャンスは十分にある。

 

今日の出来事は忘れることにします。どうか頑張ってください。