アラ還からの副業ビジネス挑戦

定年退職後に年収1,000万円を目指すプロジェクトがスタートしました

私の3.11

 

あの日から10年が経った。私の3.11

 

甚大な被害を出した東日本大震災から今日で10年が経過しました。

私はあの日 東京におり、被災したわけではありませんが、今でも忘れられない記憶が残っています。

 

2011年3月11日、14時46分。

私はその時間、当時渋谷にあった本社ビルの4階で仕事をしていました。

最初の揺れが来た時、いつもより大きいかな、でも直にとまるだろうとたかをくくっていました。

ところが、いっこうにおさまらないどころか揺れが酷くなっていました。

ビルの窓からは、すぐ側を走る首都高速3号渋谷線が見下ろせるのですが、まるで映画のワンシーンのように道路が波打っていました。

f:id:dkdgnbr79hero:20210311211200j:plain

あの日見た首都高速は、この道路のように波打っていた

その時です、同じフロアに席がある担当役員が「机の下に隠れろ!!」と大声を発したのです。

ただ事でないことがついに来たのか?

ようやく揺れが収まり、皆が規定の避難場所に移動しました。

 

震源地はどこなんだ?東京の先程の震度は?

皆が携帯電話でチェックをはじめました。

 

その時です、同僚の一人が東北の海沿いの街が津波によって流されている映像を見せてくれたのでした、、

 


2011年3月11日 東日本大震災 相馬市を襲った巨大津波【まいにち防災】*この動画には津波映像が含まれています / Great East Japan Earthquake, Tsunami

 

遠く離れた場所ではありますが、とんでもないことが起きたのだと実感しました。

 

明日の採用試験準備のため車で出発するが、どこも大渋滞で電話は不通

 

私は当時、人事部に所属しており、翌日に整備士の採用試験の進行係を任されていました。そのため、試験で使用する車を隣の文京区まで持っていくために渋谷を出発したのですが、道はどこも大渋滞でした。迂回路を見つけて曲がるも、流れるのは一時だけで、何処を走っても大渋滞にあいました。

到着が遅れることを知らせようにも、携帯電話は全く機能しませんでした。

結局、平常時であれば30分くらいでつくルートに2時間以上もかかり、着いたら着いたで電車はまともに動いていないことを聞きつけ、帰宅することは諦め、試験会場の店舗に泊まることを決めたのでした。

採用試験の協力者とともに食事の為に外へ出かけると、街には人が溢れてました。

 

後から聞いたことですが、歩いて帰れる距離の人は歩いて帰ったというし、帰宅できなかった私のような帰宅難民も相当いたみたいですね。

 

その晩は、店舗の職員の休憩室を間借りして雑魚寝したのですが、夜中に何度となく大きな余震があって そのたびに目が覚めてあまり眠った気がしませんでした。

 

試験時間を変更して採用試験は決行

 

翌朝は早く目覚め、テレビで情報を確認しましたが、電車が動いている様子はありませんでした。試験は延期か、、と思いました。ですが電車は相当遅れが出るものの動き始めることがわかり、午後からなら採用試験は開催出来そうな見込みが出てきたのです。

受験者に連絡をして、皆が来れるなら開催しようという話になりました。

早速、受験者に連絡です。昔と違いますから、生徒さんは20名前後だったと思います。全員が快諾してくれて、試験は午後から決行したのでした。

 

後日、採用試験に受かった内定者からは「採用試験を行ってくれて助かった。」と感謝の声をたくさん頂きました。

受験生の多くは何社も受験するのが通例でしたが、震災の影響で延期や中止を決めた企業も少なくなかったそうなのです。

 

あれから10年が過ぎ、私は勤め先も変わりましたが、いろんな意味で忘れられない私の3.11です。