アラ還からの副業ビジネス挑戦

定年退職後に年収1,000万円を目指すプロジェクトがスタートしました

ふらっと寄ってみました、近況報告です、、

こんばんは、yuzoです。

 

お元気してました?

 

って、それは向こうにいる

貴兄の言葉ですよね、、

 

離婚してついにはブログも

やめていった。

 

アイツはもう終わりだ、、

と思われてたかなぁ

 

ところがどっこいなんです!

 

ただでは死なないアラ還野郎は

前にも増してパワーUP中。

 

それがカラ元気でもないんです。

 

今、会社のある日は忙しいを

言い訳にしたくなくて、帰宅後

3時間くらいは勉強してから

寝てるんです。

 

おかげでブロ友さんの回遊する

時間さえ惜しくなり全然見に

行けてません。すんまそん。

 

今、一から勉強をし直している

ところで、その中で、ワード

プレスを使い、新たにブログも

立ち上げました。

 

全く馴染みの無かったジャンル

で、勉強しながら飯の種にしたい

記事を連日したためてます。

 

これまでこのはてなでは、SEOガン

無視の書き方を続けてたので、

今のところひと記事書くのに

7時間位かかってるんですけど

確実に資産を構築していってる

実感しかないです。

 

寝るのも惜しくなる位楽しい

です。

 

得意なジャンルじゃないのに

作業が楽しくてワクワクします。

 

このまま実直に続けたらこんな

俺でも絶対成果が出るって本気

で思ってます。

 

そのくらい、今取り組んでいる

ことは実りが多いです。

 

離婚でかなりお金を使ってしまい、

貯金通帳の残高はあまり見たく

ないんです。

 

何もしなければ〇〇ヶ月後には

マジで枯渇するから、、

 

これまで普通に生きてきて

こんな侘しい気持ちになった

のは初めて。

 

でもだからこそ、今本気モード

全開になりました。

 

f:id:dkdgnbr79hero:20210606045108j:plain

 

よく、やるかやられるかって

フレーズを耳にするけど、まさに

その境遇。

 

尻込みして何もしないで枯渇する

のを待つのか、

 

多少のリスクを背負っても人生の

賭けをするのか選択を迫られた時、

 

多少の自己投資を惜しんで枯渇を

待つのも、ここで自己投資して結果

終わるのも、多分数ヶ月しか

変わらないと考えて、

 

思い切って飛び込んでみた。

 

そうしたらどうだ?

 

やらないという選択肢は消えて

やるしかない一択となり、

勝手に体が動き、思考が働く。

 

今、私の周りには伴走者が数人

おり、毎日かけてくださる言葉

は金言になっている。

 

道のハズれようがない感じ。

 

俺は何があっても、収益の出ない

ブログを2年半も書いてきた。

 

継続力はある方だろう。

 

だけどこれまでやり方が

良くなかったようだ。

 

勝手にアレンジして、また、

伴走者もいるようでいなかった

ので、道のない道をあてもなく

彷徨っていた感じ。

 

でも今学んでいることは、

テクニックとかいうたぐいの

ものでなく、地味だけど稼ぐ

ための王道のような気がして

ならない。

 

その教科書通り、伴走者の金言

通り言われたことをこなす毎日。

 

多くはこの地味な作業に

耐えられず離脱すると聞く。

 

だけど、今どうだ?

 

地味だけど楽しい、ワクワク

してる。

 

今日より明日、確実に戦う

スキルが高くなっているのを

感じられる。

 

そこに、売れないブログでも

やめなかった継続力を足したら

どうなる?

 

正しい技法+諦めない継続力=∞

 

∞は大袈裟としても、ほんとに

これで飯が食えるかもしれない

と本気で思ってる。

 

どこまでポジティブなんだか。

 

でも、これでほんとにそういう

境遇になれたなら、迷わず本を

書きます!

 

またそれでひと儲けします。

 

今から楽しみだな、、

 

 

※最後に・・・・

 

T先輩。先日ツイッターから

先輩宛にメッセージを送ったの

ですが、見てない感じですね。

 

 前にブログは見てるよと言って

下さったので、ここにも書いて

おきます。

 

心配かけているかもしれません

が、私はこんなことじゃ潰れ

ません。

 

すでに反撃の狼煙は上げました。

 

だから、半年、いや一年後、

必ず会に合流します。

 

なにより今クルマを持ってない

んで、またクルマを持てる身分

にならないと会にもいけません。

 

それまで待っていてください。

 

不定期ですが、このブログで

時々近況はお伝えします。

 

あなたの永遠の舎弟分である

yuzoでした。

 

では皆様、

またお会いしましょう。