アラ還からの副業ビジネス挑戦

56歳からの人生を賭けた副業挑戦、アラ還でも成就出来ることを身をもって証明したい。

交通違反キップは忘れた頃にやってくる

 

今日、左折中に違反を犯し青キップを切られました

 

昔は毎日のようにクルマを運転していたものですが、ここ数年は週イチで運転する位にまで頻度は下がっていました。そのせいか昔と比べると運転は下手になったように思います。

スムーズでないというか、ギクシャクしているというか。まあ歳のせいもあるのかもしれませんが。

 

クルマを運転する頻度が落ちれば違反キップを切られる確率も減り、最後にいつ違反キップを切られたか思い出せないのですが、今日久々に違反キップを切られてしまいました。ものすごくショックです。

 

えっ!?どこが違反なの?

 

違反した状況は次のようなものでした。

 

交差点手前で先頭で信号待ちしていた私は、青信号に変わったのを確認した後、左折を始めました。横断歩道の向こう側からは歩き始めたおじいちゃんが目に入りましたが、急がなくてもこちらは左折を先に終えそうでしたので、私はおじいちゃんを先に渡らせることなく左折を終えて、直ぐまた左折してスーパーの駐車場へと入りました。

 

クルマから降車すると一名の婦警が声をかけてきました。

 

「今左折した際、人が歩いているの見えてました?」

「見えてました。」と答えると、

 

「あれは歩行者妨害の違反になるのでキップを切る対象になります。」と告げられました。

 

何だそれと思いましたが、謝っても勘弁してはくれないなと察知したので、仕方なく交番へ入りました。交番はスーパーの駐車場の入り口より手前にあり、出先から交番に戻った婦警にたまたま目撃されたようでした。

 

【道路交通法第38条】の違反にあたるらしい

 

観念して交番に入ったものの、まだモヤモヤしてたので、違反が書いてある資料を見せてほしいと伝えました。そこで直ぐに示せないようだったら抵抗しようと思ったのですが、婦警は自分のスマホから警察庁のHPを開いて、記載のあるページを示してきたので、諦めてキップと納付書を受け取って帰りました。

 

radiolife.com

 

www.npa.go.jp

 

スピード違反をしたとか、右折禁止の場所で曲がった等、明らかに違反をしたという自覚がなかったので帰宅後もしばらくモヤモヤしてました。

 

でも、このブログを書くにあたり資料を探していたら確かに記載があるし、思い起こすと最近同じ場面で停止しないで先に左折することが多々あったので、痛ましい事故を起こしてしまう前の警告だったと思うことにします。

 

ちなみに反則金は9,000円。違反点数は2点でした。

f:id:dkdgnbr79hero:20200518184129j:plain

 

クルマを運転される皆様も上記行為は交通違反にあたりますので、くれぐれも気をつけてくださいね。

 

script async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">