アラ還からの副業ビジネス挑戦

56歳からの人生を賭けた副業挑戦、アラ還でも成就出来ることを身をもって証明したい。

【懐かしの昭和を振り返る: 第13話 初めて手にしたナナハンのその後】

 前回は限定解除後にカタログのキャッチコピーに心が踊り、衝動的にナナハンを買って初走りで転倒をやらかし、ナナハンの持つ圧倒的なパワーに背筋が寒くなったところまでを話しました。 

 

www.dkdgnbr79hero-yuzo.biz

 

 その後ですが、衝動買いしたこともあってこの年の秋にはもう乗り換えていました。

今日はその辺の事を話します。

 

 

 

パソコンもスマホもなかったけれど、緩くて自由で熱かった昭和


昨年の5月から令和という新しい時代が幕開けし、昭和を引き継いで31年続いた平成はその幕を閉じました。
前回の東京オリンピックイヤーに生誕したカーペンターyuzoは【懐かしの昭和】が大好きでした。

まだパソコンもスマホもなかったけれど、すべてが緩くて自由で熱かった時代ー昭和。



【昭和61年】遊び編

 

 転倒して学習したこと

 

初走りで転倒した私は、少しは学習し慎重に走るようになりました。

エンジンパワーがあるだけでなく、これまでのバイクとは勝手が違うことがよくわかってきたから。

 

f:id:dkdgnbr79hero:20200418183853j:plain

 

・カーブ走行中や右左折で車体が傾いている時はアクセルを開けすぎないこと。

・車体が真っ直ぐな状態でもフル加速はしないこと。(一度やってみたらフロントタイヤが暴れて暴れて超怖かった。)

・ブレーキが頼りないから注意すること。

 

上記のことを学習し、春には茨城県の袋田の滝へ、GWには信州へツーリングへ出掛けました。

 

そしてまた訪れた夏。夏休みを利用して再び北海道に行きたいという思いが募り、今度はバイクがバイクだし、1人で北海道を走ってみようと思い決行しました。

長い期間のソロツーリングはこのときが初めて、北海道の大地をのんびり走って楽しい思い出ができました。

 

そう、自分のペースでのんびり走ると気持ちがいいバイクなのです。

のんびり走れば。。

 

ですが、その後の初秋に参加したバイク屋主催のツーリングで一気に嫌になる出来事が起きてしまったのです。

 

 

大勢のツーリングに参加して露呈したこと

 

初秋にバイク屋主催のツーリングに参加したのですが、そこでこのバイクの弱い面がいくつも露呈しました。

 

一泊で信州蓼科へツーリングに行ったのですが、皆飛ばすんですよ。

参加車はZ1100R、GPZ900R(ニンジャ改で実は1000CC)、RG400ガンマ等々。

 

高速道路に乗るまではなんとかついていったものの、中央高速道に入るとあっという間に追いて行かれました。

 

事前に決めてあった休憩地点に遅れてやっと着くと、私はいくらも休憩をとれないうちにまた走り出すことを余儀なくされました。それだけならよかったのですが、

大きなSAに着いた時はリヤタイヤのパンクが発覚しました。

 

修理のプロのバイク屋の社長も帯同していましたから短時間で復帰することができましたが、社長が帯同していなかったらと考えたらゾッとしました。

参加した人達のバイクは皆チューブレスタイヤで、走行中に異物を拾っても外から楽に修理が出来ます。かたや私のバイクはタイヤの中にチューブが入っているので、パンクしたらタイヤの中からチューブを引張り出して修理が必要なんです。

北海道のソロツーリング時にはパンク修理キットを持参していましたが、それを使う場面に遭遇しなくて本当に良かったと思っています。

パンク修理完了後は社長と他1-2名が遅い私のペースに合わせるように一緒に走ってくれました。ありがたかったです。



ですが、やがて中央高速道を降り峠道に入るとその人達からも遅れ気味になりました。

それでもまだ上り道はイイのですが、下り道はブレーキが弱いのでエンジンブレーキを多用したり、乗車姿勢の観点からも非常に疲れました。



トドメになったのは、そのツーリングを終えてバイクを整備していた時にフロントブレーキのパッドがもう交換時期にきていることに気が付いたことでした。
驚くほど早く減りましたね、後にも先にもそんな経験は初めてです。

 

そんなこんなで乗り換える事を決意してしまいました。(つづく)


 

 

 

 

 

 

 

 

 

script async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">