アラ還からの副業ビジネス挑戦

56歳からの人生を賭けた副業挑戦、アラ還でも成就出来ることを身をもって証明したい。

【懐かしの昭和を振り返る:第9回 初の北海道ツーリングで味わった力の差】

 

最近バイクが気になってるカーペンターyuzoです。

ていうか、まだ若くて一番輝いていた時が最近妙に懐かしく、年齢のせいですかね。

今日は夏休みを利用して行ってきた、ライダーの聖地”北海道での初ツーリング"を振り返ります。

 

 

パソコンもスマホもなかったけれど、緩くて自由で熱かった昭和



昨年の5月から令和という新しい時代が幕開けし、昭和を引き継いで31年続いた平成はその幕を閉じました。
前回の東京オリンピックイヤーに生誕したカーペンターyuzoは【懐かしの昭和】が大好きでした。

まだパソコンもスマホもなかったけれど、すべてが緩くて
自由で熱かった時代ー昭和。

 

 

【昭和60年】遊び編

 

夏休みを利用して初の北海道ツーリングを体験

 

昭和60年夏。私は、大学に進んで前年に北海道上陸を果たした仲間に遅れること1年、北海道ツーリングの念願を果たすことになる。

 

東京都内の有明港から大型フェリーに揺られること33時間、北海道は苫小牧港から北海道ツーリングはスタートした。

 

f:id:dkdgnbr79hero:20200328232042j:plain

左端のアニキはこの年のGWに1人で信州へツーリングに行った際泊まったユースホステルで知り合いになったが、偶然にも同じフェリーに乗船していた

 

ツレはこの昭和シリーズの第8回で一緒にカメラに収まっていた哲だ。

 

www.dkdgnbr79hero-yuzo.biz

 

 右上の写真の向かって右、ツナギの男。

 

彼の愛車は、何年も連続でキングオブナナハンの座を保ったホンダCB750FのÇ型。このシリーズの最終型だったと思う。

 

哲とは高2の時クラスメートになって以来のバイク仲間。3ない運動が盛んだった高校で誰よりも早く中型免許を取った男だ。そして仲間内で限定解除したのも。

 

 

 

どこまでも続く平坦路、ナナハンとの力の差を思い知る

 

 私には見るものすべてが初づくしだったので、風景をゆっくり見たいという気持ちがアクセルの開度を控えめにしてしまったようで、たびたび哲に遅れをとってしまう。

 

f:id:dkdgnbr79hero:20200328232429j:plain

そこかしこに干し草がロール状に置かれていたので飛び乗ってポーズをとりたくなります。ちなみにこの日は日航機が墜落した日でした。

f:id:dkdgnbr79hero:20200329000845j:plain

地平線が見える中標津の道路にて。バイク雑誌で特集が組まれた回の切り抜きを持参し記念撮影に至った

f:id:dkdgnbr79hero:20200328234123j:plain

宗谷岬から南下した所にあったこの中華屋さんで、今日の宿が無いことを話したら夜うちで食べてくれたら泊めてやると言われ、ここに映る全員がお世話になりました。中央のおじいちゃん一人で店を切り盛りしてたけど、布団とシーツがピカピカでした。若い子との交流が生きがいだったみたいです。

 


 あっ、また離されてしまったと思って先を急ぐと、少し行った先で停止して待ってくれていて、合流後少し走ってはまた遅れ、待たせてしまうの繰り返し。2人の間には無言の間が出来てしまった。。

 

でも走るごとに理由がそれだけじゃないことに気がつく。

 

向こうはナナハン=750CC、こちらは250CCの2サイクル。最速速度こそさして変わらないかもしれないが、常用速度域での余裕が大きく違った。

 

向こうはせこせこシフトダウンせずとも、アクセルひと捻りでノンビリ走るクルマをギューンと加速して追い越して行くが、こちらは2速シフトダウンしないと追い越しが出来なかった。(私の愛車:ガンマⅡ型は6000回転からバキューンと加速していくエンジン特性だったので、常にその回転をキープしていくのは厳しかった。)

 

 

決断、限定解除してナナハンに乗ってやる!!

 

思えば、ヤマハXJ400DをガンマⅡ型に乗り換えたのは、筑波山の峠道に毎週通っていた頃、ヤツのヤマハRZ250RRに全く叶わなかったからだった。


ガンマⅡ型に乗り換えて やっと肩を並べられたと思っていたら、また先を行かれるとは。


この北海道ツーリングでナナハンとの力の差を思い知らされたことにより、私は予定になかった限定解除に挑戦することになったのです。

 

※限定解除:バイクの免許は当時、原動機付き自転車(排気量~50CCまで)、小型自動2輪(51CC~125CCまで)、中型自動2輪(126CC~400CCまで)、大型自動2輪(401CC以上排気量制限なし)に分かれており、この時私が所持していた免許は中型自動2輪免許だった。だからナナハンに乗るためには、中型自動2輪限定の免許の限定解除をする必要があった。限定解除をすれば排気量無制限でどんな大型バイクにも乗れた。

 

バイク乗りにとって限定解除は、いつかは成し遂げたい夢だったのかもしれない。

 

夢と言ったのは、試験の難易度がかなり高いものだったため。現代ならば教習場に通えば取得出来るが、当時は試験場での一発試験しか無かったのだ。次回は限定解除挑戦を振り返ります。

 

 

script async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">