アラ還からの副業ビジネス挑戦

56歳からの人生を賭けた副業挑戦、アラ還でも成就出来ることを身をもって証明したい。

副業を成就したい、ネットスクール開講から2週間が経ちました

こんばんは。最近の記事更新は朝の6時に出るように予約投稿をしていました、カーペンターyuzoです。

今日の分については、今まさに書いているのでこの時間での投稿になります。

 

 

 

 

ネットスクール開講から2週間、あることに気がつく

 

ネットスクール開講からちょうど2週間が経ちましたが、今日、自分の認識がずれていることに気がついた。何かと言うと。。

 

連日いろいろな資料というか教材が、スクール生専用のページに公開されていくのを見ながら、私には次のような感情がずっとあった。

 

「ノウハウがぎっしり詰まった教材だ、大変ありがたい、講義が始まる日までしっかり予習をしておこう。」

 

講義が始まる日まで?

 

私が入稿したのはネットスクールであり、実際ある場所に足を運んで講義を受けるのではない。

 

そして、公開されていく教材には説明が入った動画が添付、または、PDF化されたマニュアルが添付、あるいは両方とも添付されている。

 

講義はすでに始まっている、これこそがネットスクールなのだと。このことに気がつくまで2週間も要してしまった。

 

 

 

意識のうえではノンビリしていたが、行動面ではスピードを意識して動いてきた

 

 

意識のうえでは先述のようなノンビリしたものだったが、行動の面では真逆で、公開された教材を都度開いては、直ぐ取り入れられる項目については既に今書いているブログに落とし込んできたし、余裕をかましていたことは一切ない。

 

スクールに入校している半年間という期間は、私にとって半年もあるではなく、半年間しかない である。

 

多くの情報=教材という波に飲み込まれ、方向を見失ったらゴールにたどり着けるかわからない。だから日々全力でやって、波に飲み込まれないように、常に一歩先を歩く位でいかないとと考えている。

 

f:id:dkdgnbr79hero:20200313195234j:plain

 

 

本日、スクール校長とのskype対談を体験

 

このネットスクールには、カリキュラムの目玉としてスクール校長による身近なサポートを得られるという点があるが、本日約30分のskypeによる音声対談を体験した。

 

定刻前にPCの前に着座し、skypeをつないだ状態で待機していると校長から着信が。

慣れない手付きで操作をすると、すでに公開されている動画からいつも耳にしている声がイヤホン越しに入ってきた。

 

私が今学ばせていただいている業界を長きに渡って牽引してきた情報ビジネス界のカリスマです、もう最初のほうの会話は嬉しさのあまりよく覚えておりません。

私とは立場が違い過ぎて、入校していなかったら一生話すことなく終わる人ですから。しばらく夢をみているような感覚でした。


後半からようやく我に返って、聞くべきこと、いただくべきアドバイスに耳を傾け、30分という時間の幕がおりました。


カリスマのマインドを近くに感じられて大満足でした。

 

 

 

これからの取組み

 


明日からも自主的に教材を開いては進めていくことに変わりはない。

そして、疑問に思ったことはこれまでもそうだったように、サポートスタッフチームまたは校長にメール等々で質問して解決をはかり先に進んでいく。

教材の中には大掛かりな仕掛けが必要なものもあるので、それについては別ドメイン、別サーバーをすでに用意したから、アフィリエイトする業種の選定にこれから入る。

遅くても3月中には大きな仕掛けのものも稼働させたいものだ。

 

スピードとバランスを常に念頭におき、目標に邁進していきたい