アラ還からの副業ビジネス挑戦

56歳からの人生を賭けた副業挑戦、アラ還でも成就出来ることを身をもって証明したい。

【懐かしの昭和を振り返る: 第4話 バイクにハマった青春、元ヤン兄さんと2ケツ体験】

おはようございます。朝方生活が習慣になりつつあるカーペンターyuzoです。

昨日も仕事を終えて帰宅後にブログ更新を試みたのですが、気がついたらイスにかけたまま寝落ちしていました。

 

昔まだウチの子が小さかった頃、ダイニングテーブルに設置した赤ちゃん席の中でゴハンを食べながら寝落ちしていた事を懐かしく思い出してしまいました。

 

そんな子供たちも今育ち盛りで、教育費はかかる一方。

だからお父ちゃんは眠いとか辛いとか言ってる場合じゃなか。

 

何不自由なく教育が受けられるようしてやるけん、待っちょれ。

 

 

 

 

f:id:dkdgnbr79hero:20191206231341j:plain

 

パソコンもスマホもなかったけれど、緩くて自由で熱かった昭和

 

昨年の5月から令和という新しい時代が幕開けし、昭和を引き継いで31年続いた平成はその幕を閉じました。
前回の東京オリンピックイヤーに生誕したカーペンターyuzoは【懐かしの昭和】が大好きでした。
この記事は昨年アップしたものですが、いま一度リライト版をお届けします。



まだパソコンもスマホもなかったけれど、すべてが緩くて

 自由で熱かった時代ー昭和。

 

 

 

【昭和56年】遊び編

 

17歳から26歳まではクルマじゃなくてバイクにハマってました

 

 

 男の子の多くが幼児期に乗り物に興味を示す傾向があるように思います。うちの長男も"働くクルマ"が大好きで、それらを街で見つけてはキャッキャッ言ってました。

 

その親父である私もクルマが大好きで、年頃になると自転車をちょっといじって乗っていました。

 

でも人力だから走れる距離はたかが知れています。(超人的な体力と根性があれば自転車で日本一周も出来ますが、私は無理です。)

 

もっと遠くまで行ってみたい。

 

そうするとエンジン付きのバイクが欲しくなってきます。

 

しかし、千葉県はバイク3ない運動という、「免許を取らせない、バイクを買わせない、バイクに乗らせない。」を推進しており、堂々とは乗れなかったのです。

 

 

先輩の卒業式の日を狙って原付き免許を取りに行きました

 

でも、バイク雑誌を見たり、クラスのちょっとトッポイ奴のバイク搭乗談を聞かされるにつけ、だんだん我慢が出来なくなってきました。

 

内緒でバイクに乗ってることがバレて停学になるクラスメートを近くで見ました。

また、免許取得のために運転免許試験場に行くと、入り口に先生が立っていて捕まるとかいう噂もありました。

でももうバイクに乗りたいという衝動は我慢が出来ないくらい高まってしまい、ある日決行してしまいます。

 

原付きの免許を取得すべく受験日に選んだ日は、いっこ上の先輩の卒業式にしました。 

さすがにその日は先生も運転免許試験場の入り口に立ってはいないだろうと思い。。

 

さらに当日は、中卒で働いていますの体でオヤジの着ていた作業着を羽織って試験場にのりこむ用心深さ。

 

予想通り試験場入り口に学校の先生の姿はなく、試験の方も一発で合格しました。

 

その後、親の反対もありましたが、半ば強行的にバイクも買ってしまいました。

 

バイク3ない運動で禁止されていたことを全部破りました。

 

 

 

隣家の兄さんに誘われノーヘル2ケツ体験

 

ある日の休日、家の前でバイクの洗車とワックスがけをしていると、隣家の兄さんが大きいバイクで出掛けて行くところを見かけました。

f:id:dkdgnbr79hero:20191222200037j:plain

ヤマハXS650スペシャル

↑↑コレです。忘れもしない、ヤマハXS650スペシャル。

 

兄さんはハンドル、シート、マフラーを変更されてました。

時々見かけては羨望の眼差しで見ていたものです。

 

ですが、この日は少しして帰って来られ、声をかけてくれました。


「いつもキレイにしてるね、コレの後ろにみるかい?」と言って、兄さん、リヤシートを指差しました。


「は、はい!」 もう二つ返事でした。


ヘルメットを取りに行こうとすると、兄さん早く乗れと言わんばかりにアクセルを吹かしてました。

 

まっいいかと思い、リヤシートに跨ると、足を乗せるステップが意味がわからないくらい上の方に移動してて、ウンコ座りのような態勢。

 

「しっかり掴まって!」の合図とともにフル加速。

シートのベルトを必死に掴んでました。

 

原付きバイクの比ではない加速感。

と同時に走行中、学生とすれ違う場面もあり、面が割れたらどうしようという心境でした。。

 

2キロ位走って戻り、バイクから降りると興奮と罪悪感からか

ヒザの震えがとまりませんでした。

 

 

 兄さんがヤンチャだった頃の話に耳を傾けて


 その後私は兄さんの部屋に招かれ、兄さんは昔の写真を見せてくれました。


「おばさん(うちの母)には言わないでよ、俺、暴走族入ってたからさ。」
と言って見せてくれたのがこんな写真。

 

f:id:dkdgnbr79hero:20191223222628j:plain

 

 バイクが好きで、とりわけKAWASAKI党の人だったら知ってると思いますが、

伝説の"マッハⅢ"に乗ってヤンチャしてたらしいです。

所属していたグループも教えてくれましたが、関東では有名なグループでした。


どうりで躊躇なくノーヘルで突っ走るわけです。

 


私はこんな体験もあって、翌年にはより大きいバイクに乗るためにバイクの中型免許を取得し、250CCのバイクに乗り始めるのでした。

 

 

 《これが昭和だ!》

・当時の土曜の夜は暴走族が街中を爆走してたので、騒音がすごかったんですよ。途中からパトカーのサイレンも混じってね、聞こえ始めるとしばらくやまなかった。これが昭和。

 

 

f:id:dkdgnbr79hero:20191222203822j:plain

 


良い子のみんなは、バイクに乗る時はヘルメットを着用しなきゃダメだぞ。