アラ還からの副業ビジネス挑戦

56歳からの人生を賭けた副業挑戦、アラ還でも成就出来ることを身をもって証明したい。

【番外編】ゴルフラウンド報告

 

 

【番外編】ゴルフラウンド報告

 

連日、副業ビジネスについて書くことが楽しくて仕方がない、カーペンターyuzoです。

今回は番外編をお送りします。

この間までゴルフネタはブログのメインテーマだったのですが、私はスコアの波が大きく(110台が出たかと思うと80台前半で上がってきたり)そんな下手くそが講釈垂れてるのが恥ずかしくなりまして今は違うテーマで書いていることから、今回は番外編というタイトルでお届けします。

 

河川敷コースだが、その昔 女子プロトーナメントが開かれていた

 

 今回お邪魔したコースは、埼玉県越谷市にある、KOSHIGAYA GOLF CLUBといいます。2013年にPGMが買収し名称が変わりましたが、以前は女子プロトーナメントを開催していたんですよ。

KOSHIGAYAは昭和40年(1965年)にTBS越谷ゴルフ倶楽部として江戸川河川敷に誕生しました。設計は、名コースを数々残した富澤誠造によるものでした。営業形態はセミパブリックながら、渡可能な会員権を発行し、個人正会員30万円、平日、家族20万円、法人(2名以上記名式)60万円で募集されました。募集締め切り後の会員数は450名(昭和48年会員名簿発行済)。

TBS越谷は、1968年から1971年の3年間、TBS越谷レディースオープンを開催しました。この大会が、驚くことに、現在の日本女子オープンの前身となります。優勝は樋口久子が3連覇しています。( 引用元はゴルフダイジェスト様)

 

 

コース設計者が富澤誠造氏ってスゴくないですか。どおりで河川敷らしからぬ戦略性の高さがあるわけです。全ホールに池が絡んでます、1個も池に献上しないでまわれたら相当な上級者だと思います。そのくらい池が効いてます。

あと日本女子オープンの前身のトーナメントだったって、スゴくないですか。しかも樋口久子氏の3連覇ときたもんだ。

 

KOSHIGAYA GOLF CLUBの予約はこちらから

 

今回はスコアは二の次で写真をいっぱい撮りました

 

f:id:dkdgnbr79hero:20200225183253j:plain

クラブハウス外観
f:id:dkdgnbr79hero:20200225183105j:plain
f:id:dkdgnbr79hero:20200225183319j:plain
レトロな外観の軽トラが土手の向こうまでキャディバックを運びます

 

f:id:dkdgnbr79hero:20200225062941j:plain

クラブハウスから土手を超えてコースまでを示す図

 

いよいよスタートです

 

今日はラウンド前の打ちっ放しは行わなかったのですが、300円で利用できます。

また、練習グリーンは勿論のことアプローチ練習もできます。

KOSHIGAYA GOLF CLUBの予約はこちらから

 

前半のINは47でした。先月来た時が57でしたので、満足でした。

 

 

スルーで回れる数少ないコース

 

このコースは、日本にまだまだ浸透していないスルーでラウンドが出来るコースです。

前半のハーフが終わるとマスター室で後半のスタートを確認します。

2組まちというので、腹が減っては戦が出来ぬですから、スパムおにぎりを買って食べてみました。

 

f:id:dkdgnbr79hero:20200225183414j:plain

普通においしい、スパムおにぎり 250 円

 

先月来た時は、かなりの風が吹いてスコアを崩しましたが、今日はとても穏やかでした。後半は曇ってきましたが雨にも降られずラッキーでした。

 

で、後半はスコア50でしたので、ラウンドは97でした。

100を超えなかったので御の字です。

 

 

ゴルフブログを廃業にして正解だったと思います。もっとコンスタントにコースに通えないと無理です、アラ還では維持どころか退化するのが関の山と思いました。

 

 

自画自賛のミラクルショット発生

 

スコアは並以下ですが、最終ホールで自我自賛できるミラクルショットが出ました!

2打目を右へ曲げてしまい、ボールは赤いハザード区域内に。

しかし、ソールしないで打てそうなライだったので挑戦してみました。

 

まず邪魔な木とか枝とかを取り払ったあと、ソールしないでアドレスします。

 

すると沼のようにズブズブと沈み始めたのです。ヤバッ!

スパッ!沈む前にクリーンにボールをヒットしナイスオンです!

あと10秒立っていたら、膝くらいまで潜ったかもです。危なかった(^_^;)

石川遼の水切りショット並のパフォーマンスでした。これだからゴルフはやめられん。

 

f:id:dkdgnbr79hero:20200225183718j:plain

ラウンド後、クラブハウスへ戻る途中見えるハウス外観

 

レストハウスが人気がないのはなぜか?私なりの分析

 

f:id:dkdgnbr79hero:20200225183236j:plain
f:id:dkdgnbr79hero:20200225183139j:plain
レストハウス外観とメニューの紹介板

 

f:id:dkdgnbr79hero:20200225183351j:plain

レストハウス内部、オシャレで接客も悪くないが。。。

今、季節は夏じゃないので汗もかかないことから、シャワールームは使用せずにランチをとるレストハウスに早速移動しました。

 

 

そこで感じたことを。

オーダーは入り口で前払いし、出来上がりを知らせる子機を持って席に移動します。子機が振動すると出来た合図なので取りにいきます。

 

私達はハンバーグランチとカレーを注文しましたが、どちらも美味しい。値段もハンバーグランチがライス付きで1350円だから、特別高くもない。

接客?ほとんどセルフサービスだからいいも悪いもないし。

 

なのに、ガラガラなのです。お客さんが通り過ぎていくのです。

コースの駐車場は結構埋まってるから来場者はたくさんいるはずなのに。

なぜか?

 

 宣伝に工夫が足りない、と思う。

 

私がメニューをチラ見した時、腹を満たしそうにない軽食が一番目につくところに出ていて、一瞬で、こんな軽食しかないの、しかも高いし。と感じたのです。

 

良く見れば腹持ちしそうなランチもあって、特別高くもないのに。

同じ印象をもっているお客さんは多いんじゃないかな。

メニューの順番を入れ替える、ハンバーグランチを一番目につくところに掲載すれば来場増えると思うんだけどな。

f:id:dkdgnbr79hero:20200225183333j:plain

BBQも出来ます、4日前から申し出要す

 

自然に情報交換ができるツールとしてゴルフは最適だね

 

前後しますが今日のメンバーは、前職時代お世話になった同僚1人と先輩2人という構成。最長4年半も会ってなかった人がいるけど、ラウンドを通しての会話はそのブランクを一気に埋めてくれる。コース以外の喫茶店とかで4年半振りに会ったら、相手は構えますよね。

でも青空のもとラウンドしてると開放的な気分になるから、今日何度となく、「それ私に話していい情報ですか?」というシーンがありました。

 

これにて終わりますが、心地よい疲れが私を包んでおります。

これにて暫くゴルフは封印です。またいつの日か。。

 

KOSHIGAYA GOLF CLUBの予約はこちらから