ゴルフ リスタート 

ゴルフを再開させたことで全ての事が好転し始めました。我流で月一ラウンドでベストスコア更新を狙います。

ラウンドの振り返り、一日たってこみあげる悔しさ

f:id:dkdgnbr79hero:20190612210654j:plain

一日たってこみあげる悔しさ

昨日は疲れていたせいもあり、まっいいかと思っていたが、一日たって今日振り返ると踏ん張りが足りなかったと反省しきり。

上がり2ホールでダボ、トリはイカン!!

 

今回の目標は84、崩れても最低89にとどめると誓ってスタートしたが、

出だしの2ホールでダボ、トリをやってしまい、早くも今日はダメかと思ってしまったメンタルの弱さ。

ヒガマミさん(全米女子オープン5位)は最終日スコアを崩してしまったが、サンデーバックナインで2バーディを奪い返し、最終18番ではベスト10に入る気合のパーセーブを成し遂げたっていうのに。あー情けなや。

前半48叩いた時点で最終スコアを下方修正するべきだった、そうすれば上がり2ホールで5オーバーはやらなかったと思う。

 

ドライバーショットが悪すぎた、これに尽きるな

 

行くホール行くホール、どこも風がアゲてたので3Wではセカンドがしんどいと思い、1Wを握り続けたんだ。風に負けまいと力が入ってたのかな。

フェアウェイキープは21.4%。1Wにいたっては10ホール中1ホールのみ。これじゃだめだ。でボールの向かった先は水分をたっぷり含んだラフの中。

 

夏のラフは手強かった

 

前回ラウンドのコースはラフからでも普通に打てたけど、昨日のところはハッキリすみ分けされていた。

これまでラフが絡んで飛ばなかった経験はあったが、昨日は真逆。想像以上に強い球が出てキャリーでグリーンをオーバーし、何度もあやうく奥のOBゾーンに吸い込まれるところだった。

これがフライヤー? そんなにヘッドスピード早くないんだけど。

こんなラフだから、なおさらボールをフェアウエイに運んでおく必要があったのに。

 

練習方法を変えてみる

 

練習場にいくとナイスショットしようと1Wを打つ。でもそれって正しいのか?

左へは絶対に行かせない、右には絶対に行かせない打ち方を練習した方が実戦的なのではないだろうか?

 

ホールによっては両サイドともOBというところもあるが、右はセーフ、逆に左はセーフというホールも多いと思う。

安全な方向にボールを運ぶ。

左へは絶対打たないシチュエーションをイメージし、ひたすらスライスを打つ。

逆に右へは絶対打たないシチュエーションをイメージし、ひたすらフックを打つ。

次回の練習はこれを取り入れたいと思う。

 

アイアンショットもティーアップ専用の打ち方をマスターしたい

アイアンショットは練習場でいつもマットからの直打ちしかしていなかったが、コースではティーグラウンドが剥げていたり、ターフ跡ばっかりだったりで、ティーアップして打つことになる。なのになんでティーアップしての練習をしてこなかったんだろう。アッパーに打つアイアンショットも今後は練習に取り入れようと思う。

 

収穫もあった。アプローチとパッティングは確実に上達してきている

 

悪い話ばかりではない、収穫もあった。アプローチとパッティングだ。

雨の影響で下はぬかるみボールは少し沈んだ状況もあったが、ウエッジでの寄せワンをしたホールがいくつもあった。

アプローチはサッカーでいうところのディフェンダーだと思う。ゴール(スコア)を守るディフェンダーが機能しなければ大量失点してしまうし、逆に機能していれば取り返しのつかないスコアを叩くこともないし、あわよくばゴールを決める(チップイン)こともあるだろう。数ヵ月前だったら昨日は容易く100の壁が崩れ、110の王になっていたパターンだ。(百獣の王ならいいけどね)アプローチが上達してきたから100の壁は崩れなかったと言える。

 

それからパッティングだ。数字の比較だけなら前回から1打改善しただけだが、中身が大きく違う。前回はファーストパットの大ショート大オーバーが多く、セカンドパッドが長いのも含めて良く入ったので助かったが、それは言い換えればラッキーだっただけ。

でも昨日のは違う。大きくショート、大きくオーバーはほとんどなかった。ラッキーで長いのがポンポン入るよりも、ファーストパットで2パット圏内に寄せていける方が安定感がある。

気づきがあった。ロングパットほどテークバックはゆっくり始動させると距離感が出しやすかった。そうするとインパクトでパンチが入らず寄りやすかった。

 

次回ラウンドまでの課題は明確になった。

一歩一歩弱点を克服しベストスコアを目指してゆく。