ゴルフ リスタート 

我流のスイング、月一ラウンドの50代ゴルファーが加齢にめげずベストスコア更新を目指していることを綴るブログです。

検証結果:早速訂正(笑) & 素振りが楽しい

こんばんは。

全米プロ最終日、波乱がありましたね。絶対首位のケプカが、バックナインでまさかまさかの大失速。DJ他が更に伸びてこなかったから優勝出来ましたが、見ていてヒヤヒヤしてしまいました。でも崩れても抜かれなかった貯金を3日間蓄えたのは他ならぬケプカですからね。最終18番でパーパットを入れた時のホッとした笑顔が印象的でした。

連覇おめでとうございます! 

これでメジャー4勝。来月は全米オープン3連覇がかかる。ケプカ時代到来か。

 

昨日書いたことの検証結果

 

2週連続の3連休中のため、今晩もお邪魔します。

早速昨日書いた仮説を検証したく、早朝から練習場に居ました。最寄りの練習場はこの時期の平日は朝6時からオープンで入場料が免除されるのです。

 

【検証結果】

① アプローチは30yなら30yの距離を、テイクバックの幅などで調整する打ち方ではなく、狙いを定め、あくまで感覚で打ち分けられるか。

 

⇒ やって出来ないことはないけれど、私のような未熟者は振り幅の目安は持ったうえで状況に応じアレンジしたほうがいいかも。

本番でピン周辺の状況を良く観察し、手前に絶対入れてはいけないハザードがあるときは大きめに打つみたいなことを瞬時に判断できるように経験値を積んでいきたい。

 

② インパクト以降右手をグーンと伸ばすと、更なる方向性と飛距離を手に入れることが出来るのか。

 

⇒ (アイアンでのみ検証)ハーフショットのアプローチは直進性が増して好感触でした。しかしながら、フルショットでは腕を伸ばすというより手を返すような動きになってしまって方向性に難が出て、意識的にやるものではないと思った。(左方向へのミスショットが多く出た。)だからこれは元に戻します。(笑)

 

※ロングパットについては近々で検証予定。

 

ケプカのスロー映像。いつまで顔が上がらないの?

 

昨日から素振りにハマってます。何を今さらですが。。

練習は試行錯誤しながら行うものだから、打ちっ放しで何の考えも無くいきなり打ち始めると、どうしても無駄な球が出ますよね。その点、素振りはあーじゃない、こーじゃない、これいいじゃんと振っている間でも全くお金がかかりません。

タダでスイングを固めていけるっていいですよね。今さらですが。。

 

先の検証の中で"右腕グーン"の件はアイアンフルショットでは意識的に行わない方がいいという結論が出たので、ドライバーは今まで通り打ってみました。

 

打ちながら思い出していたのは、全米プロ連覇のケプカのスイング中のスローモーション映像です。

 

インパクトの瞬間は勿論のこと、フォロースルーでクラブがかなり上に上がっていっているのに、まだ球に顔が向いていました。誰よりも顔が上がるのが遅い気がします。

 

私は顔が起き上がるのが早い方だと思うので、多分、許容範囲より起き上がりが早い時はミスショットを打っているのではないでしょうか。

 

顔を残すことでエネルギーは互いに引っ張り合い、球は遠くに飛ぶと聞いています。

 

意識して球に向けて顔を残すことで、私でもインパクト周辺でクラブヘッドが走る感触を覚えます。上手くいったときはいい打音がします。

 

最後に粗末な素振り写真をお届けして今日は終わることにします。お疲れ様でした。

 

 

 

f:id:dkdgnbr79hero:20190520200228j:plain

顔をギリギリまで残す