ゴルフ リスタート 

ゴルフを再開させたことで全ての事が好転し始めました。我流で月一ラウンドでベストスコア更新を狙います。

女子プロゴルフツアー開幕。新ルール、旗竿を挿したままが随所に

f:id:dkdgnbr79hero:20190310224328j:plain

沖縄出身の比嘉プロ優勝おめでとうございます

 

女子プロゴルフツアーが開幕!いきなりドラマがあった!

 

季節はもうじき春。女子プロゴルフツアーも南の沖縄県で開幕しました。女子プロのスイング研究を兼ねて録画予約をし、TVで観戦です。

3ラウンド終了時点では、沖縄出身の比嘉プロが2位に7打差をつけ独走態勢だったのに、最終日は苦しいゴルフを続けていました。16番終了時点で2打差まで詰め寄られたときは逆転があるのかと思いましたが、さすがプロ。17番のドライバーショットは同組でまわる2位の子をオーバードライブし、さらに約100ヤードからの2打目をピンそばにつけバーディ。勝利を確かなものにしました。

彼女はこの大会のボランティアを小5の時に経験し、この大会がきっかけで女子プロに憧れてプロを目指し、プロになってからもずっと一番勝ちたかった大会だったといいます。そして今日念願を果たし、『努力をして頑張り続けていればいいことがあるんだと改めて感じた瞬間だった。』と述べました。25歳の彼女、これまでの人生の半分以上も一途に思い続けて努力し続けて成し遂げた夢、宮里藍ちゃん以来15年ぶりの沖縄出身者の優勝は格別の気分なんでしょうね、本当におめでとうございます!!!

 

新ルール、旗竿を挿したままが随所に。そのメリットは!?

 

f:id:dkdgnbr79hero:20190311000813j:plain

ピンは抜く?

 

TV観戦中、随所に新ルールで可となったグリーン上で旗竿を挿したままパッティングするシーンが映し出されました。プレイスピードを早める目的で導入されたようですが、それとは別にパッティングにどのような影響があるか検証した記事をみつけましたのでご紹介します。

それは、旗竿にどのくらいの強さで当てたらボールは外れるかというものでした。

カップまで30センチの距離を旗竿の有無でそれぞれ検証したところ、興味深い検証結果が出ていました。

 

旗竿の有無で4.5mの大きな差が

 

旗竿無だと、カップまで30センチの距離を2メートルを入れる強さでカップの奥の淵に当てた場合、ボールは外れました。

しかし、旗竿有だと、同じ距離を6.5メートルを入れる強さで旗竿の中心に当てた場合、ボールは外れたのです。その差4.5メートル。

この検証結果を見て、旗竿を立てた状態であれば6メートルを入れる強さで打っても旗竿の中心に当たればカップに入るとは予想外でした。そんなに強くてもカップに入るのか。。

また、旗竿の両端に当てた場合は4メートルを入れる強さで外れたとあります。

 

この検証結果は旗竿を挿したままのほうが、タッチに対して許容する幅が広がったということ。

⇒私のようにパットがショートすることが多い人は、あえて旗竿を挿したままにし、曲がるラインを浅めに読んで旗竿狙いで強めに打つ選択肢が増えたのかなと思いました。(旗竿に当てられる技術があっての話ですが。。。)

 

あと10日後に迫るラウンドでチャンスがあったら試してみたいと思います。