ゴルフ リスタート ~50代からのゴルフ

大好きなゴルフネタを中心に、普通じゃない50代の過去~現在~未来を赤裸々に書きます。

鬼門のアプローチ、ブレイクの予感

f:id:dkdgnbr79hero:20190222202330j:plain

鬼門のアプローチ、上手くなりたい

最近ベースボールグリップが気になっていました

 

最近ゴルフ雑誌や、はてブロ内でもベースボールグリップのことが取り上げられており、気になっておりました。そこでいま評判のグリップを試さない理由はないと思い、今日のアプローチショット練習で取り入れてみたのです。

 

いい!これはいい!

 

右手はがっちり5本の指で、左手は人指し指を右手の小指に乗せてアプローチショット(40y以下)を打ってみました。すると自分の悪しき慣習が鳴りを潜めたのです!

練習場で打つにあたり無駄なボールは打ちたくないので、自宅で気を付けるポイントを整理して臨みました。私の悪い癖は手首を使ってしまうこと、あとテークバックとフォローのリズムが一定でないこと。(打ち急ぐ人の典型だと思っています)

そこで手首を使わずに体の回転の中で打ちたい距離の振り幅までクラブを上げて、インパクトからフォローにかけて打ち急ぐことがないようリズムに気を付けて打ったのですが、その実行にあたりベースボールグリップが功を奏したのです。

 

ベースボールグリップの効用

 

アプローチショットではクラブヘッドを走らせてはいけないと、言葉は知っていましたが体に染みついていませんでした。ゆるくグリップを握っていたせいか、テークバックはともかくインパクト~フォローでは、手首が返って加速するようなスイングになっていたのです。

ベースボールグリップで右手をガッチリ強く握ると余計な遊びがなくなり、体の回転で打ちやすくなりました。

あと今までは体重移動をし過ぎていたのかもしれません、打ってるうちに体重移動はリズムをとるために最低限でいいんだと体感しました。またその方が頭を残して打ちやすく、前後も左右もボールのブレが少なくなっていきました。 

 

40y以下の打ち分けが明確に 

 

今まで、50y以下の打ち分け方は非常にボンヤリしていました。これまではスイングを緩めて距離調整をしていたところもあるので、そもそもいい結果が出るハズもありませんでした。その点、ベースボールグリップだと思いのほか飛ばないので、しっかり振れました。(スイングの緩みが出にくい)

 

新たな振り幅の目安が出来ました

 

40y:51度のウエッジをグリップ中央で握り、振り幅は、手が腰の高さまで

30y:57度のウエッジで同上

20y:51度のウエッジをグリップ中央で握り、振り幅は、パターで打てる最大振り幅

15y:57度のウエッジで同上

 

アプローチショットが安定すれば、セカンドショットでグリーンに必ず乗せなきゃというプレッシャーが軽くなるハズ、ぜひ体に染みつけたいものです。