ゴルフ リスタート 

ゴルフを再開させたことで全ての事が好転し始めました。我流で月一ラウンドで年内にベストスコア更新を狙います。

いくつまで働けばいい?

f:id:dkdgnbr79hero:20190227194407j:plain

いくつまで働けばいい?

#私の未来予想図

 

今週は壮大なテーマですね、頑張って書いてみます。

 

いつからだろう、嬉しくもない誕生日がまたやってきた。

ここ数年の私の最大の関心事は『いくつまで働けばいい?』に他なりません。

年金の貰える年齢が先延ばしになっていることだけが原因じゃありません。

 

うちにはまだまだ教育費がかかる子供が二人もいるから。。

 

下の子が大学に入りたいと言ったら(おそらく言うだろう) 卒業するまで元気で働いていないといけない。一般的な会社の定年60歳までに卒業させてやれるなら、そんなに心配することはなかったと思う。

でも私の場合、下の子が浪人せずに大学に入学出来たとしても卒業時には68歳を迎えている。68歳だ。。。

その歳まで働くといっても、小遣い程度の稼ぎではダメだ。今と同等かそれ以上の稼ぎがないと無理だろう。深く考えると辛くなるばかり。。

 

ブログのサブタイトルはそこに繋がっている

 

こんな未来予想図だから、ゴルフをしている場合じゃないのかもしれない。

でもその一方でなにか趣味もないと辛い仕事を頑張れないしという気持ちもある。

私のブログのサブタイトルは『練習場ではいつも一カゴしか打たないのに上達する秘訣』としているが、打たないんじゃなくて、打てない(お金が無いから)というのが正しい。ただボールを無駄に消費するような練習はしたくないので、考えた打ち方やその手順をある程度自宅の部屋と庭で試してから、仕上げに練習場で一カゴだけ打つようにしている。

少ない練習しかしないのではなくて、お金のかかる練習は少ししかしないが正しい。

練習からしてこれだから、コースからは縁遠くなるばかりだった。2016年から今日まで3年2ヵ月もあってコースに行ったのは2回だけ。急激に回数が落ちたのは会社での定年というゴール?がだんだんと現実味を帯びて見えてきたからということも影響している。

 

現在模索中

 

1年後の自分は想像が出来るけど、5年後、10年後はわからない。だから現在模索中。定年後さらに8年、世帯収入を維持していくために自分と妻で何が出来るか考えている。

 

そうして、紆余曲折あって無事子育てが終わったら。。

子どもたちに経済的な負担をかけたくないのであまり長生きしないで逝けたらと思う。

 

 

POLA×はてなブログ特別お題キャンペーン #私の未来予想図

バナー
Sponsored by POLA