ゴルフ リスタート 

ゴルフを再開させたことで全ての事が好転し始めました。我流で月一ラウンドでベストスコア更新を狙います。

鬼門のアプローチ

f:id:dkdgnbr79hero:20190113164813j:plain

ここからは3打で上がりたい

鬼門のアプローチ

 

私はプロフィールに書きましたが、アプローチが下手くそで直せなくて、いまだに苦手意識が抜けません。だからこのパートは少しトーンを抑えて書きます。

 

フルショットしない領域

 

力加減をしないショットをフルショットと呼び、加減するショットをアプローチショットと呼びます。私の場合、57度のウェッジのフルショットで約80yなので、80y以内はアプローチショットになり、各距離を打ち分けていく必要があります。

 

ピッチショットの距離はクラブの握り場所と振り幅で打ち分ける

 

80y以下の打ち分け方を下記に記してみました。

・80y - 51度のウェッジをグリップの中央で握り、3/4ショット

・60y - 57度のウェッジをグリップの中央で握り、3/4ショット

・40y - 57度のウェッジをグリップの最短で握り、コックを使った1/2ショット

 

ピッチエンドランの基本

 

40y以下の距離は低いボールでキャリーさせた後、ランで転がしてピン寄せていくピッチエンドランを使っていきます。基本を記します。

 

・下半身はオープンスタンスを取るが上半身はスクエアに構える。

・クラブヘッドを走らせてはいけない、そのためグリップはしっかり握る。

体重移動は必須、左右対称の振り幅で打つ(ただしクラブフェースは返さない)。

 

グリップを緩く握るとヘッドが走ってしまいそうなので、しっかり握ります。ヘッドを走らせたくないのは打つごとに飛びすぎたり、飛ばなかったりを防ぐためです。

短い距離のショットですが手打ちはミスの元なので、体重移動は必須です。

コスパ最高。ゴルフウエア、グッズのSANTAREET セール会場