ゴルフ リスタート 

ゴルフを再開させたことで全ての事が好転し始めました。我流で月一ラウンドで年内にベストスコア更新を狙います。

練習場での意識を変えよう

f:id:dkdgnbr79hero:20190107202447j:plain

目標を持って練習しよう

練習は数打ちゃイイってもんじゃない

 

あなたは月に何回ほど練習場(打ちっぱなし)に行きますか?また、一回何球ほど打ちますか?テーマを決めて練習していますか?体力をつけるためだけに沢山のボールを打つのなら、自宅での素振りで十分という話もあります。

必ずテーマを持って練習しましょう。たとえば今日はアイアンショットのナイスショットの回数が増えるようにアイアンを集中的に打つぞといった具合にです。

練習を始めると、途中突然、変なボールが出始めて止まらないことが起きることがあります。きっと理由もわからないまま黙々と理想のスイングをしようとするでしょう。でも全く止まらない。そんなときは悲しい気持ちになりますが、考え方を変えてみましょう。

ここがコースでなくて良かったと。コースは一発勝負です。OB※でも打たない限り、同じ場所から何度もは打てません。ですが今日は練習場です。ここはナイスショットだけでなく、変なボールが出ても許される、挽回ができる場所でもあります。変なボールが出始めたら、出会えたことに感謝する位に意識を変えてみましょう。初心者にだって、自信で矯正は可能です。

 

ミスショットのパターン

 

下記に無意識のうちに悪いほうに変動してしまう要素(体の動き)を上げてみました。

(使用クラブ:ドライバー)


①スイング中の膝の高さが大きく変わる(ダフリ、トップ)


②スイング中のトップの位置が浅いまたは深い(いろいろなミスが出やすい)


③スイング中のインパクト時にボールを見ていない(トップボールまたはゴロ)


④スイング中の腰の回転が遅く、手が先行する(フックボール※1が出る)


⑤スイング中の腰の回転が速く、手が遅れる(スライスボール※2が出る)


⑥スイング中のテンポが速いまたは遅い(いろいろなミスが出やすい)


⑦グリップした時のクラブヘッドの向きが開いてまたは閉じている


⑧ボールとの前後の距離が遠いまたは近い


⑨アドレス時の左右足への荷重配分は調子の良い時と同じか

 

【文中の注釈】
※ アウトオブバウンズの略。ボールがペナルティエリアに出ることをいい、境界線は白杭であらわされる。※1 出だし真っすぐ出て左に曲がるボールのこと。※2 出だし真っすぐ出て右に曲がるボールのこと。


ざっと上げてもこんなにあります。ちなみに太字は今でも私の練習中に出る要素です。あなたも一度変なボールが出始めたら、どんなボールが出たかメモってみましょう。

①、③、⑥は注意しながら打つと速攻性があります。

 

↓↓ 練習のおともに。オシャレなカラーのスパイクシューズとクラブケーススタンド式